2018年12月1日土曜日

異常と正常


先日訪れた、千葉県銚子市犬吠埼直下の岩礁地帯です。 中心に 写っている岩、 海を望む 猫さんの横顔 に見えるので、勝手に『猫岩』と名付けました。 私の好きなナキウサギにも見えます…どちらにしても 可愛い岩でした。
 岬の断崖の地層には、中世代白亜紀の堆積岩がみられることで有名な場所です。白亜紀といえば恐竜!ですが、ここの堆積岩からは、恐竜の化石は見つかっておらず、アンモナイトが出土しているとのこと。出土したアンモナイトの写真パネルをみて、あれ?と思いました。
 『異常巻きアンモナイト』と書いてあるのです。
異常って?どういうこと?と調べたら、つまり、私たちがよく知っているきれいに平面らせん状に巻いているアンモナイトと違った形。いろいろあるのですが、例えば蛇がとぐろをまくような、立体的な巻き具合だったりします。
 異常巻きと分類されているのは、あくまでも平面系のアンモナイトが正常とされているからです。出土した地層の年代を追っていくと、異常巻きと分類されるものが後から出てきたとされているので、進化の途中でそのような変異をたどった種があるようです。
 巻き方を変えた理由は…?住んでいる海に、何かしら変化があったからでしょうか。海流が激しくなったとか、温度変化など…いろいろ考えた末に必死に変化したのだったとしたら、異常巻きと言われるのは心外かもしれません。進化巻き!なんて名づけられた方が、ちょっと気分がいいんじゃないかなと思いました。
 アンモナイトに限らず、何が『正常』と定めるかによって、それと異なるものが『異常』という言葉をかぶせられることになるので、名前をつける立場の方には、いろいろと考えて欲しいものです。

2018年11月20日火曜日

るすばんねこ 44

るすばん一週間目。来月半ばのニャアコちゃんの誕生日には、うささんは帰って来るそうなので、それまでしっかり留守番するニャアコちゃんです。
一昨日、動物とコミュニケーションできるヒト、ハイジさんの番組を見ました。テレビをほとんど見ない私なので、どんな番組がいつあるか知らずにいますが、有難いことに、時折友人がこんなのやっているよ~と教えてくれるのでした。実は、私はハイジさんファン。疑い深い性格のくせに!と友人には驚かれます。
「全部テレビ局のやらせだろう」とか、「事前にエピソード聞いているの言ってるだけ」とか、いろいろと疑惑があるのも承知してますが、まあ、いいのです。ハイジさんが一生懸命動物の顔をみて、気持ちをくみとって、それを家族に伝える、それだけでじーんとくるのです。
 そういう時間自体が、大切な気がします。彼らと一緒に暮らしていても、彼らをただのケモノとして接しているだけだと、心はすれちがったままでしょう。違う生き物だから、言語は共にできませんが、お互い心を開こうとすれば、心を読み取ることは出来るはずです。
 けれど、具体的に、不可解な行動の原因を解決してくれるなんて、ハイジさんすごい…と尊敬してしまいます。
 いろいろ中傷されていても、ハイジさんの能力、私は信じます。そういうヒトがいたらいいなという願いをこめて、信じます!
 ニャアコちゃんの行動で、不可解なことは…考えてみましたが、今現在ありません。けっこうわかりやすい性格なのでしょうか、ニャアコちゃん。

2018年11月1日木曜日

続・続 マイコフィリア

   ベニテングダケ。 一昨年イタリア・ドロミテの山歩きで撮った写真を見つけ、改めてきれい~と眺めていました。 しかしきれいなものには、やはり毒があります。胃腸障害やけいれんを起こすだけでなく、精神が錯乱したり、,酩酊状態になるのだとか…。
 ベニテングダケはそれほど強い毒素ではないそうですが、シビレタケの仲間、いわゆるマジックマッシュルームは、麻薬キノコとよばれます。幻覚を見たり、気持ちが一時的にふわふわと幸せな気分になったり…そんな効果を求め、摂取する 人々がいます。国によって規制が違うようですし、 現在、日本では違法ですが、昔は 合法だったのでした。
 最近、カナダが国として大麻を合法化した、 という衝撃的なニュースを聞きました。
大麻も マジックマッシュルームも、 覚醒剤のような危険はなく、むしろアルコールより安全だ 、と主張される方もいるそうです。果たしてそれが正しいのか、私はわかりません。確かに、合法のアルコールやタバコだって重篤な中毒症状が起こることがあるのですから。何にしても、体が悲鳴を上げるダメージを 与えるのは、良くないのでしょう。体は拒否しているのに、精神がさらに欲する状態になってしまったら、中毒に向かってしまいます。
 ある意味、激辛唐辛子ラーメンを 食べる私も、胃腸が悲鳴をあげていることを 棚に上げて、中毒的な刺激を求めているのです。気をつけなくては!と反省しました。

2018年10月20日土曜日

続 マイコ・フィリア

    (家の裏で発見!多分カワラタケ?)
 
 庭で枯れて切ってしまったこぶしの木を、何か使う機会があるかなと立てかけておいたら、いつの間にこんなキノコがびっしり!
 身近な場所にもキノコは突如現れます。以前プランターに出現したヒトヨタケ?らしきものと違って、このキノコは長くその体を保っているそうです。それにしても、この突然の出現には、本当にドキドキします。シマシマ模様と紫の色合いが、ちょっと神秘的です。
 
 キノコは毒も多いけれど、薬効としてすごい力を持つものも知られています。上の写真がカワラタケでしたら、抗癌剤の原料に使われている成分が含まれていると書いてありました。
「すごいね、ガン細胞を退治してしまう薬だなんて。」
と感心して見ていましたが、ふと思いました。
 退治して欲しいものに対して薬として効くということは、退治される側から見れば強い毒ということか!
 人間に有毒な植物を、食べても大丈夫な生物がいるのは、毒を分解できる性質をもっているからということをよく聞きます。
 でも、毒を分解できるという言い方より、その動物にとっては毒でなくて良薬だから食べているのでは?
「やった!いい薬みつけた!」とその動物は喜んでいるのかも。
 同じヒトどうしでも、毒と薬が正反対に作用することがあるかもしれません。私には薬でもあのヒトには毒だとか…。まだまだ明かされていないことが多いのですから、そんなこともありえます。
 毒と薬は表裏一体なのでしょうね。
 



2018年10月7日日曜日

マイコ・フィリア

ハート型キノコ発見!(スウェーデン・アビスコヤウレ付近)
マイコフィリア(きのこ愛好症)という言葉を、最近知りました。
現在、キノコについていろいろ調べている最中でして、読んでいる本の名前がまさにマイコフィリアというものだったからです。
 8月にスウェーデンの山を歩いている時、今まで見たことないほどたくさんのキノコをみつけました。
 キノコについて、私はほとんど無知ですから、なんと言う名のどのような性質のキノコなのか、全くわかりません。
 ただ、形状や色を見てひかれるものを、たくさん写真に収めました。
 上の写真は単純にハート型!と思って撮りましたし、他のものも、鮮やかな赤色やレモン色、そして紫など美しいと思うままに撮りました。中には、私の頭よりはるかに大きな、フライパンのようなキノコもあり、比較のために帽子を横に並べて撮ったりもしました。
 以前からキノコという物体に魅力を感じていましたが、スウェーデンの山歩きで更に倍増しました。(採集して食べる対象としてでなく、観賞する興味なのですが。)
 スウェーデン北部のラップランド地方から、ストックホルムへ南下する寝台列車で、お隣のベッドにいらした年配の女性と会話し、山で撮った写真を見せていたら、突然、恐ろしそうに顔をしかめられました。私が美しいと思って撮ったきのこたちでした。
「イッツ ストロング ポイズン!!」
まさか、あなた食べていないわよね?と心配されました。かなり、深刻な表情だったので、そんなに猛毒なキノコだらけだったのか!と改めて驚きました。
 それにしても、どうしてキノコはそのような毒をもつように進化したのだろう?と不思議です。
天敵に狙われるにしても、自由自在に胞子は旅できそうなのに、猛毒を持つ必要があったのでしょうか…。そこからまた、私の中で物語が生まれそうな気がしました。
 今読んでいる、マイコフィリア・きのこ愛好症という本、アメリカ人女性の著書なのですが、いろいろ驚くことが書いてあり、キノコの謎と魅力は、ますます深まるばかりです。

2018年9月17日月曜日

るすばんねこ 43

 およそ4週間のお留守番、半分ほど過ぎました。ニャアコちゃん、指の間を広げながら、手足ストレッチ中です。涼しくなったので、食欲も旺盛でちょっとふっくらしてきました。
 9月に入って今まで、災害のことを考えない日はありませんでした。4日の台風21号、6日の北海道東部地震。テレビを見ない私でも、スマートフォンには災害情報とニュース速報が入ってきます。眠っている時間に起きた大惨事。突如断絶された日常。想像できない悲しみです。
 地震の状況を報せる記事が入ってくる中、私は胸がいたくなる記述を見つけてしまいました。9月8日に起きた千葉市内でのトレーラー横転事故。ただ信号待ちをしていただけの軽自動車がつぶされ、乗っていた3人の方が亡くなったのでした。トレーラーが、違法の過積載をしていたことが原因です。
 海外旅行に出るたびに、航空機内やその先の国で、どこに危険があるかわからないな…と覚悟することがあります。けれど、日常生活で車を運転し、信号待ちをする時にそんな覚悟をしたことはありません。私だけでなく皆さんそうかと思います。
 地震などの天災と同じく、こうした突然ふりかかる災難で、突如命を断たれたとしたら…。しかも、その原因が無責任な人間のいい加減な行動であったら…虚しさがこみあげました。
地震のニュースとともに、胸に深くささっている事故のニュースでした。
 私の住むこの町にも、そして近所に歩いて買い物に行く途中にも、何が起こるかわからない毎日。ひと時ひと時を大切に生きていかなくては、とつくづく思います。

2018年9月1日土曜日

ラップランド


走るトナカイ(Unna Allakas 付近で)
スウェーデンのキルナとアビスコを拠点に、いくつかの山を歩いて来ました。旅の間たくさんのトナカイとあい、写真に収めましたが、エネルギッシュに走り抜ける若者を一枚選びました!
 人気のある「王様の散歩道」というコースから少し外れた地域への、静かな山歩き。
氷河がゆっくり穿った広い谷は、谷というより広大な平原で、穏やかな山陵に囲まれています。
素晴らしく雄大な風景に、毎日感動しっぱなしでした。
 今回どうしても行きたかった場所の一つ、Unna Allakas (ウンナアルカス)。
山小屋に泊まった朝、散歩して一時間も歩いて行くと、そこにある美しい湖はスウェーデンではなく、国境を越えたノルウェーでした。行きはうっかり気づかず通りすぎた国境。帰りに見つけました。黄色くペイントされた石が積まれた塔がポツンとあるだけ。
ちょうど、私と距離を置いて歩いているトナカイたちがトコトコとノルウェーからスウェーデンへ入ったところでした。
 草木も土も、動物も関係ない、人間だけの目印。線を引かずにいられない人間のための境目。
高い塀や鉄条網、武装せざるを得ない国境が世界中にあるのが現実ですが、あんなふうなポツンとある目印っていいな、と私は思いました。
 今年も、また訪れたいと思う美しい景色に出逢わせていただいたこと、感謝です。
そして、トコトコ歩いて見落としてしまうような国境を、旅することができる自分の境遇も感謝です。