2018年9月17日月曜日

るすばんねこ 43

 およそ4週間のお留守番、半分ほど過ぎました。ニャアコちゃん、指の間を広げながら、手足ストレッチ中です。涼しくなったので、食欲も旺盛でちょっとふっくらしてきました。
 9月に入って今まで、災害のことを考えない日はありませんでした。4日の台風21号、6日の北海道東部地震。テレビを見ない私でも、スマートフォンには災害情報とニュース速報が入ってきます。眠っている時間に起きた大惨事。突如断絶された日常。想像できない悲しみです。
 地震の状況を報せる記事が入ってくる中、私は胸がいたくなる記述を見つけてしまいました。9月8日に起きた千葉市内でのトレーラー横転事故。ただ信号待ちをしていただけの軽自動車がつぶされ、乗っていた3人の方が亡くなったのでした。トレーラーが、違法の過積載をしていたことが原因です。
 海外旅行に出るたびに、航空機内やその先の国で、どこに危険があるかわからないな…と覚悟することがあります。けれど、日常生活で車を運転し、信号待ちをする時にそんな覚悟をしたことはありません。私だけでなく皆さんそうかと思います。
 地震などの天災と同じく、こうした突然ふりかかる災難で、突如命を断たれたとしたら…。しかも、その原因が無責任な人間のいい加減な行動であったら…虚しさがこみあげました。
地震のニュースとともに、胸に深くささっている事故のニュースでした。
 私の住むこの町にも、そして近所に歩いて買い物に行く途中にも、何が起こるかわからない毎日。ひと時ひと時を大切に生きていかなくては、とつくづく思います。

2018年9月1日土曜日

ラップランド


走るトナカイ(Unna Allkas 付近で)
スウェーデンのキルナとアビスコを拠点に、いくつかの山を歩いて来ました。旅の間たくさんのトナカイとあい、写真に収めましたが、エネルギッシュに走り抜ける若者を一枚選びました!
 人気のある「王様の散歩道」というコースから少し外れた地域への、静かな山歩き。
氷河がゆっくり穿った広い谷は、谷というより広大な平原で、穏やかな山陵に囲まれています。
素晴らしく雄大な風景に、毎日感動しっぱなしでした。
 今回どうしても行きたかった場所の一つ、Unna Allkas (ウンナ・アルカス)。
山小屋に泊まった朝、散歩して一時間も歩いて行くと、そこにある美しい湖はスウェーデンではなく、国境を越えたノルウェーでした。行きはうっかり気づかず通りすぎた国境。帰りに見つけました。黄色くペイントされた石が積まれた塔がポツンとあるだけ。
ちょうど、私と距離を置いて歩いているトナカイたちがトコトコとノルウェーからスウェーデンへ入ったところでした。
 草木も土も、動物も関係ない、人間だけの目印。線を引かずにいられない人間のための境目。
高い塀や鉄条網、武装せざるを得ない国境が世界中にあるのが現実ですが、あんなふうなポツンとある目印っていいな、と私は思いました。
 今年も、また訪れたいと思う美しい景色に出逢わせていただいたこと、感謝です。
そして、トコトコ歩いて見落としてしまうような国境を、旅することができる自分の境遇も感謝です。

2018年8月15日水曜日

るすばんねこ 42

暑くてのびてしまったのではありません。
ブラッシングしていたらそのままゆったり寝そべってしまったニャアコちゃんです。
久しぶりに少し長めに帰宅できるうささんと、夏の残りを楽しめそうです。
 私は、今日から夏の旅へ出発するところです!
初めて訪れるスウェーデンへ‼
 一昨日の深夜、この夏初めてスズムシの声を聞きました。私が帰る月末は、この猛暑もおさまって涼しい風が吹いているでしょう!か…
それとも、厳しい残暑が居すわっているのかも知れません。

2018年7月24日火曜日

るすばんねこ 41

 
 先週、京都での舞台公演を終え、久しぶりに帰宅したうささん。ニャアコちゃんは数日ゆったりすごした後、再び来月までるすばんねこになりました。
窓辺のズッキーニのすき間から、ぐんぐん伸びてきた朝顔が、花を開き始めました。
 朝顔のつる、立てていた棒が足りなくて、ズッキーニまで頼りにしようとしていました。そして、ちょっと一日見ない間に、横に立てかけて置いたシャベルにも手を伸ばし…。代わりの棒を立てて、シャベルやズッキーニからそおっと引き離したら、まきつき先を切り替えてくれました。頑固じゃなくてたすかります。ただ、まきついてもらう方向を間違えて導くと、怒ってしまいますので注意しなくてはなりません。
 江戸時代の有名な俳句『朝顔に 釣瓶とられて もらい水』を詠んだ加賀千代女さんも、井戸を占拠された朝顔に、代わりの棒を立ててあげたのでしょうか。優しい千代女さんはもらい水しに行けたけれど、次に井戸を訪れた人が多忙な人だったりしたら…。余計な心配かもしれませんが。
 ニャアコちゃんは、朝顔やズッキーニのお花より、空中を飛び交う虫さんが気になって仕方ありません。

2018年7月12日木曜日

物語から現実へ

私の家の回りは田畑の多い地域なので、 毎年胸が痛む放送が流れます。農作物被害軽減のため、カラスを 猟銃で駆除するという市役所からの報せです。
 以前、物語の中で、主人公がカラスの集会に遭遇して、その活動に参加するという場面を考えたことがあったのですが、実際にカラス語を研究している 方がいらっしゃるのを知りました!
国立総合研究大学院大学の、塚原直樹助教授です↓
ttps://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1030.html
 都市部の生ゴミあさり問題、農村部の作物被害…。カラスを排除したい人々はたくさんいるのが現実です。駆除して当然という考えを、違う方向へ持っていけないでしょうか。
【「駆除」という形ではなく、「優しく誘導したい」という塚原助教授の取り組みに、大きな共感を覚えました。これから生み出される技術を駆使すれば、将来、人間とすべての生き物が望ましい形で共存できる世界が実現できるのかもしれません。】-取材記事から引用ー

 ファンタジーと思っていたことが、現実になりそうです。そして、こんな研究を してくれている方がいることを知って少しほっとしました。

2018年7月7日土曜日

お願いごと

 
豪雨による水害。拡大する被害の報せに、胸が痛む今日、私の住む地域では一日晴天で、雲の合間に星が輝くのも見えています。今年も、庭に突然生えてきた笹竹に、七夕の短冊をつるすことができ、こうして無事でいられることへ感謝の気持ちもこめました。
 
 今日は、20時過ぎ、緊急地震速報が鳴り響きました。速報よりも先に小さな振動がやってきて、すぐに大きく家が震えだしました。
「家がつぶれてしまうのでは…。」という恐怖がわきあがりましたが、実際この地域は震度4だったので、それほど大きな揺れではなかったのです。なぜそれほど恐怖がわいたかと言うと、やはりあの特殊な音で鳴り響く地震速報の効果なのでしょう。
 あの音を聞くと、どんな人も不穏な緊迫感を持たされると思います。非常時に注意を向けるためなので、のどかな音ではダメなのでしょうけど、とてもあの音は苦手です。
 ちょうど一緒にいたニャアコちゃんも、揺れ自体よりあの音にびっくりしてダンボールへ駆け込んでしまいました。ニャアコちゃんはすぐに出てきてくれましたが、猫さんによってはこういう時に、家の中でかくれてしまってどうにも連れ出せず、避難できない状況になってしまうことが多いのです。つくづく、あの音が響かないことを祈るばかりです。
 今回の地震、最大震度は震度5弱で、私の住む地域と近い場所に5と言う数字がせまっています。それにしても、水害が起きている地域でこの地震が起きずよかったです。
 せめてこれ以上災害が重なりませんよう、今の時刻も雲に隠れず輝いてくれている星に、お願いしてから寝ようと思います。

 

2018年6月26日火曜日

るすばんねこ 40

 
ニャアコちゃんの窓辺には、ズッキーニが花を咲かせています。
 去年は育った株自体が少数だったせいか、結局雄花と雌花のタイミングが合わず、結実したのはわずか一本だけでした…今年はたくさん育ったので期待がふくらみます!!
 しかし!!この一ヶ月、見守っていた結果、なんとも雄花が多いこと…。どうして?というくらい雌花が咲かず、鮮やかな黄色いお星さまを開いているのは雄花ばかり。今朝も5つメンズでした。
 どうしてでしょう?調べると、 気温の関係で雌雄のバランスが片寄るとか、開花始めは雄花が多いとかありました。来月には姫も顔を出してくれるのでしょうか…。
 ニャアコちゃんがじっと窓の外を見つめてつぶやきました。
「ニャアコの魅力にすいよせられて、雄花がたくさん咲いているにちがいにゃい。」